HOME 資料請求 お問い合わせ アクセス

Blog


資料請求

open campus



お問い合わせ

アクセスマップ

社会人の方へ

病院・施設の皆様へ

在学生の皆様へ

TOP


軽井沢團クリニック


姉妹校
太田情報商科専門学校

太田自動車大学校
 2019/5/22

2019年5月18日(土) 太田医療技術専門学校の2019日新入生歓迎会&クラブ紹介が行われました!


[クラブ紹介]
現在活動中のクラブの紹介が行われました!
新入生を楽しませるパフォーマンスも交えながらの活動説明、そして勧誘です♪
多くの新入部員と新クラブ発足が期待できそうです!!
P1010011.JPG
P1010015.JPG


[新入生歓迎会]
太田医療技術専門学校へようこそ!!
太田医療技術専門学校全8学科の、大規模な行事となりました。
2年生が1年生を「バーベキュー」でおもてなしするという会。
春らしく過ごしやすいいい日に、おいしいお肉や野菜、お料理をたくさん食べながら盛り上がりました!


おもてなしの準備!先輩が頑張ってます♪
P1010020.JPG


P1010025.JPG


P1010041.JPG


これから一緒に頑張りましょうね☆
P1010049.JPG
P1010029.JPG
P1010036.JPG
P1010038.JPG
P1010044.JPG


 2019/4/06

桜がきれいに咲き誇り、最高のお天気の本日4月6日(土)に
学校所在地の群馬県太田市にある太田市民会館にて、平成31年度 入学式が行われました。


入学式2019-1.JPG

入学式2019-2.JPG

入学式2019-3.JPG

今年度もたくさんの入学生の皆さんをお迎えすることができ、大変うれしく思います♪


入学式2019-4.JPG

お祝いのお言葉もたくさん頂戴しました!誠にありがとうございます。
入学生やご家族の皆さま、ご臨席を賜りました来賓の皆さまにご覧いただく掲示板の一部をご紹介します。


これからの時間、簡単なことや楽しいことばかりではないかもしれませんが
皆さんの理想や憧れに一歩でも近づくことができるように一緒に頑張りましょう!
よろしくお願いいたします!


入学式2019-5.JPG

入学式2019-6.JPG

入学式2019-7.JPG

入学式2019-8.JPG


 2018/11/27

11月24日(土)、全国救急救命士教育施設協議会主催の第2回北日本学生救急救命技術選手権に
本校救急救命学科より2チームが出場いたしました。


救急救命士を目指す大学・専門学校の学生が実際の救急現場を想定したシミュレーション状況の中で
傷病者の命をいかに迅速にかつ的確に救うかを競い合う、というこの選手権。
これまでに培った技術や知識、そしてチームワークが試されることとなります。
北日本では8チームで競い合いました。


ステージごとに順位がつけられます。


第1ステージ:外傷    太田Bチーム1位  太田Aチーム5位
第2ステージ:内因性   太田Bチーム2位  太田Aチーム3位
第3ステージ:意識障害  太田Bチーム1位  太田Aチーム4位
第4ステージ:CPA    太田Bチーム1位  太田Aチーム6位
第5ステージ:スペシャル 太田Bチーム2位  太田Aチーム6位


結果は...


2018北日本選手権1.JPG


2018北日本選手権2.JPG
太田Bチーム 総合優勝!!!


2018北日本選手権3.JPG
太田Aチーム 5位!


太田医療技術専門学校救急救命学科、2連覇達成!!
おめでとうございます!


そして今年は、5年に1度の全国大会開催の年です。
北日本、東日本、西日本、南日本から代表2チーム、計8チームで競います。
来月15日に東京で行われる全国大会上位入賞に向けて、また頑張ります!


第2回北日本学生救急救命技術選手権


 2018/1/29

救急救命学科では隔年で海外研修に参加しています。
今年度は医療事務管理学科、情報校と合同でニューヨークに行ってきました。


夜景blog.jpg

合同日程では、ハンバーガーランチやアウトレットモールでショッピング、ステーキディナー、エンパイアステートビルからの夜景を堪能しました。


救急救命学科単独研修日は、同時多発テロ(グランドゼロ)跡地の「9.11メモリアル&ミュージアム」、ニューヨーク消防局消防署、学校訪問を行いました。


9.11Ablog.jpg

2017N.Y9.11B blog.jpg

「9.11メモリアル&ミュージアム」テロの恐ろしさ、悲しさなどを多くの写真や動画、遺品などから知ることができました。平和に暮らしている今を大切に過ごしたいと強く思えた場所でした。


消防署見学blog.jpg

消防署見学2blog.jpg

消防署見学では、ニューヨークの消防事情、消防官の仕事について学べました。
日本同様、消防官になることは大変だけれども、それ以上に消防官であり続けるための努力が必要であることを知りました。


1515489388778blog.jpg

学校見学2blog.jpg

学校訪問では、授業体験や学生との交流をしました。
日本ではできない処置の練習体験もさせてもらいました。
医療制度や資格の違いがありますが「人を救いたい!」という思いは同じで、多大な努力もしなければならないこともわかりました。
また英語でコミュニケーションをすることはあまりできなくても同じ職業を目指す仲間として、短い時間ですが交流できたことは貴重な楽しい体験になりました。


自由の女神blog.jpg

タイムズスクエアblog.jpg

自由行動の日は、自由の女神やタイムズスクエア、5番街やセントラルパークや美術館など、それぞれで行動してニューヨークを楽しみました。
多くの人々と出会い、様々なものを触れ、見聞を広げたことでグローバルな視点を持つことができました。
参加した学生全員が「一生の思い出!本当に楽しかった!」という感想を寄せました。今後の勉強へのモチベーションアップと人間的成長へつながることを期待します。


救急救命学科 教員


 2017/11/29

先日お伝えしました
総務省消防庁 「救急の日2017」救急隊・救急救命士の活動ショートムービーコンテストでの
「最優秀賞」「優秀賞」と2作品 受賞しました!というニュース。
表彰状とともに記念撮影!


学生A部門
最優秀賞  タイトル「女性救急救命士」 救急救命学科2年生の作品


ショートムービー2年生.JPG




学生A部門
優秀賞  タイトル「救急救命士への道」 救急救命学科3年生の作品


ショートムービー3年生.JPG


総務省消防庁のHPでご覧いただけます!
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_5.html
ご興味のある方はぜひ!!


 2017/11/29

平成29年11月25日(土)、青森県弘前市で「第1回北日本学生救急救命技術選手権大会」が開催されました。


全国救急救命士教育施設協議会の参加校が増えた関係で、今年から加盟校が東西南北に分かれ
北日本大会は、記念すべき第1回となりました。


1.内因性 2.心肺停止 3.外傷 4.集団災害 5.スペシャルステージ
の5ブースで日頃の訓練や勉強の成果を競い合います。


太田医療技術専門学校では、救急救命学科3年生6名が代表して出場しました。
結果は・・・
1.内因性 : 1位
2.心肺停止 : 1位
3.外傷 : 3位
4.集団災害 : 3位
という成績!!
並み居る強豪校を抑え、圧勝という形で総合優勝いたしました!


EMT選手権.JPG


毎日の放課後や休日を返上して練習を行った代表チーム!
その練習の成果を存分に発揮した、見事な成績でした。


来年以降、再び優勝カップを持ち帰れるよう、後輩たちも日々のシミュレーションに更に力を入れ授業に取り組んでいます。


IMG_3210トリミング.jpg


応援していただいた関係各位のみなさま、本当にありがとうございました!
そして代表チーム、とてもよく頑張りました!お疲れ様でした!



 2017/10/02

総務省消防庁 「救急の日2017」救急隊・救急救命士の活動ショートムービーコンテストにて
太田医療技術専門学校 救急救命学科2年生と3年生の作品が
「最優秀賞」「優秀賞」と2作品 受賞しました!!


学生A部門
最優秀賞  タイトル「女性救急救命士」 救急救命学科2年生の作品


学生A部門
優秀賞  タイトル「救急救命士への道」 救急救命学科3年生の作品


総務省消防庁のHPでご覧いただけます!
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_5.html
ご興味のある方はぜひ!!


 2016/8/05

「第2回学年別対抗体育大会と芸能コンテスト」が盛大に行われました。
種目は、フットサル・ミニバスケット・バレーボール・大縄跳び・筋トレ競争(懸垂、腕立て伏せ、壁倒立、かがみ跳躍、20mシャトルラン)
そして芸能コンテスト、最後には大抽選大会と盛りだくさんな1日となりました。


emt_MG_1100.JPG

emtIMG_0882.JPG

emtIMG_0442.JPG

emtDSC_0507.JPG

emtDSC_0430.JPG

各自が得意な種目にエントリーし学年対抗で試合が行われるため、どの種目も熱い戦いと応援が繰り広げられました。


emtIMG_1304.JPG

また、昨年以上にパワーアップした芸能コンテストでは、終始笑いっぱなし。恒例化されつつある'教員ネタ'でも大爆笑でした。

結果は...昨年も優勝した2年生が連覇を成し遂げました。2年生の優勝への強い気持ちの表れだったのでしょう。そして9月には消防機関での実習があります。

1年生は初めてとはいえ、明るく元気はつらつとしたプレーが印象的でした。互いの理解を深める機会になりました。夏休み明けには前期試験が待っています。

3年生は、1,2年生から良いお手本となるクラスに成長しました。今回もクラス一丸となって楽しもうとする雰囲気がありました。学校生活の大きな思い出の一つになることでしょう。
そしていよいよ公務員試験が本格的に始まり、国家試験に向けての勉強も進めなければなりません。
emtIMG_2138.JPG

どの学年もさらに一致団結して、乗り越えていくことでしょう。


救急救命学科 教員


 2016/1/26

第12回東日本救命技術学生選手権が、千葉県銚子市「千葉科学大学・マリーナキャンパス」にて行われました。
太田医療技術専門学校の救急救命学科からは、3年生5名が出場しました!


この大会は、救急救命士を目指し、全国救急救命士教育施設協議会に加盟している養成校で学んでいる学生が、東日本・西日本・九州の各地区に分かれて救命技術や知識を競い合う大会です。
本校の学生たちも、「表彰」の二文字を合言葉に、消防採用試験・国家試験に向けた勉強のある中、練習を頑張って臨みました。


大会当日、それぞれの養成校から選び抜かれた精鋭たちが集まりました。
外傷・意識障害・心肺停止・多数傷病者・循環不全・スペシャルステージ(胸骨圧迫の部・症例問題)の7ブースを一つずつ回るメディカルラリー形式で各ブースでの上位校と、ブースの総合上位校が選ばれます。


FB_IMG_1450653320037.jpg

FB_IMG_1450653387502.jpg

FB_IMG_1450653379614.jpg

そして結果は...
FB_IMG_1450653301693.jpg

スペシャルステージ(胸骨圧迫の部)で第1位!! ━o(゚∀゚o)(o゚∀゚o)(o゚∀゚)o━!!
輝かしい成績を収めることができました☆ ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪


参加した学生からは「同じ救急救命士の志をもって学ぶ学生たちと交流ができ、とても刺激を受けた」「参加してよかった」という声のほかに、「もっと練習しておけばよかった」と後悔の声も...
極度のプレッシャーと闘いながら目標を達成したみなさん、これからは「救命」という目標に向かってますます頑張ってくれることと期待しています!
おめでとうございます!


IMG_8868.JPG


 2016/1/08

クリスマス色に染まるニューヨークへ海外研修に行ってきました。(救急救命学科1年生10名と2年生9名、医療事務管理学科、情報校、自動車校と合同)

ニューヨーク市消防局とAMR(アメリカ最大の民間救急会社)は、観光旅行では決して入れない場所です。
職員の方々から伺った様々なお話はもちろん、消防局の内部や救急車を見せていただいたことは、大変貴重な経験となりました。
救急医療のシステムや資格に大きな違いはありますが、「人々を救いたい!」という熱い情熱は同じであることを強く実感しました。
2015誕生日&N.Y 116.JPG

2015誕生日&N.Y 394.JPG

1451699554119.jpg


ワールドトレードセンター跡地(グランドゼロ)・9/11メモリアル&ミュージアムには、同時多発テロを後世に伝えるための映像や写真、崩壊跡や多くの遺品が残されていました。
テロが起きた2001年まだ幼かった学生たちにとっては大きな衝撃だったようです。
でも彼らがその場に行き、あの日のニューヨークで起きたことを知ったことには大きな意味があるはずです。
無情にも突然命を奪われることになった犠牲者やご家族の無念や悲しみ、危険を顧みず救助に向かい殉職した勇敢な消防職員等を思うととても心が痛み、命の尊さを深く考えさせられる場所でした。 
2015誕生日&N.Y 033.JPG


自由行動日には協力し合いながら自由の女神やタイムズスクエアをはじめ、博物館や美術館等多くの観光スポットに行き、ショッピングを楽しみました。
見るもの聞くもの全てが刺激的で非日常的な時間を過ごしました。
どこでもセキュリティが厳しく世界情勢の不安定さを感じつつ、今の日本がいかに平和であるかを感じました。
1451225151649.jpg

2015誕生日&N.Y 351.JPG

2015誕生日&N.Y 100.JPG

海外旅行が初めての学生も多かったのですが、異なる文化や人種・言語に触れ、様々な人々と接することはとても有意義な経験になったはずです。
この海外研修が、将来の消防官(救急救命士)になるという目標に向かってのモチベーションアップと人間的な成長へとつながることは間違いありません。

記:斎藤(教員)


 2015/9/09

太田医療技術専門学校救急救命学科、2年生の救急用自動車同乗実習前の宿泊研修も、毎年恒例となりました!

学校から少し離れた野外活動施設で行われました!


IMG_1254.JPG

IMG_1229.JPG

IMG_1319.JPG
夕食は手作りのカレーライスにサラダ。
何皿も食べた(食べさせられた!?)人もいて、大満足の夕食となりました。


2015秋EMT 118.JPG
夜はキャンドルをともしながら、ひとりひとり実習への決意を述べ、モチベーションアップにつながりました。


2015秋EMT 151.JPG

2015秋EMT 140.JPG
そして、花火、実習に向けて学生への激励映像の上映と続き・・・
楽しく長い夜は延々と朝まで(笑)続いた人もいました。


2015秋EMT 295.JPG
同じ時を過ごし語り合うことで、クラスの絆は強いものになっていきます。


いよいよ実習が始まりました。
初めての現場・救急車の同乗は緊張の連続ですが、実習先で多くのことを学んでくるはずです。大きく成長して戻ってくることを期待しています!


救急救命学科 教員


 2015/7/22

太田医療技術専門学校の救急救命学科で、初の試みである「第1回救急救命学科 体育大会」が行われました!


種目は、フットサル・ミニバスケット・バレーボール・大縄跳び・筋トレ競争(腕立て伏せ、懸垂、20mシャトルラン・壁倒立)・芸能自慢コンテスト!と多彩な種目を実施し、学年対抗で争われました。


学年それぞれが得意な種目でエントリーしたため、各種目とも大熱戦が繰り広げられ、応援する側も大声あげて大騒ぎ!ヽ(*´∀`*)ゞ━━!!
バスケ.JPG

バレー (2).JPG

フットサル (3).JPG



昼食タイムは、みんなで踊って、みんなで食べて.゚+.(o´∀`o)゚+.゚
137.JPG

154.JPG


芸能自慢コンテストでは、教員のモノマネコント、楽器演奏や歌やダンスなど、隠れた才能が大いに開花され、全員で大笑いのひとときとなりました。
芸能3年.JPG



結果は僅差で1年生が優勝。゚+。(ノ´∀`)ノ《ォメデトゥ》。+゚
最後の抽選大会でも盛り上がり、けがもなく、みんなが笑顔で終えることができました。


1年集合 372.JPG

2年集合378.JPG

3年集合.JPG
これからは1年生が初めての試験、2年生は試験と消防機関での実習、3年生は公務員試験や国家試験が控えています。
さらにクラス一致団結して、進んでいけることでしょう。
みなさん、お疲れさまでした!
また来年も開催します!!


 2015/6/13

みなさん、こんにちは♪
今回は、先日行われました太田医療技術専門学校の救急救命学科1年生で催されました親睦会をご紹介したいと思います!


毎年恒例となりました、救急救命学科1年生の親睦会!
今年も天候に恵まれ、自然の中で思いっきりはじけ、楽しいひと時を過ごしました。
親睦会は、食材準備から企画などすべて学生が行います!

バーベキューを思う存分楽しんで、おいしくたくさん食べて・・・
IMG_0698.JPG
IMG_0706.JPG
IMG_0711.JPG
片づけも、みんなできちんと行いました!
IMG_0758.JPG


そして・・・
新.2015歓 048.JPG
これまた恒例の(笑)全員着替え持参での「水遊び」!!
新.2015歓 041.JPG
新.2015歓 050.JPG

入学して2か月。クラスの仲間とも打ち解けてきて、さらに親睦が深まるような行事となりました!
                                         松田川ダムふれあい広場にて  
                                         【EMT教員】


 2015/1/09

2009年から全学年で出場をしている「伊勢崎シティマラソン」。
今年は穏やかな天候のもと、ハーフの部に出場しました。

2014選手権&マラソン 244.JPG

IMGP5950.JPG

2014選手権&マラソン 264.JPG

1年生は初めての経験ながらも完走を、
2年生は昨年よりも記録を伸ばすことを、
3年生は有終の美を飾るべく、気合十分で走りました!

IMGP6422.JPG

IMGP6429.JPG

IMGP6442.JPG



これまでの練習の成果を出したい、また走る自分たちを支えてくれている多くの人々に感謝を感じながらの力走でした。
全学年合わせての完走率85%、男子最高位15位(男性ハーフ申込み数474人)と。

2014.12.23 005.JPG

学校での表彰式では、多くの写真でその力走ぶりを笑いで振り返りつつ、健闘をたたえあいました。


また来年もみんなで頑張りましょう!お疲れ様でした。 ☆EMT 教員☆


 2015/1/09

昨年の全国大会に続き、学校を代表して太田医療技術専門学校の救急救命学科3年生6名が
「東日本学生救急救命技術選手権大会」に出場しました!

2014選手権&マラソン 150.JPG
今年の会場は岩手県一関市。13校の出場です。

2014選手権&マラソン 106.JPG

2014選手権&マラソン 081.JPG

2014選手権&マラソン 065.JPG

選手たちは代表に選出されたプライドやプレッシャー、そしてこれまでの厳しい練習を乗り越えた意地と
多くの応援を胸に頑張りました。
2014選手権&マラソン 156.JPG
結果は上位に食い込んだステージもあれば、悔いの残るステージもありました。


2014.12.23 011.JPG
学校での報告会では、選手権で出題された症例の発表と、メンバー間の息の合ったシミュレーションを在校生に見せてくれました。
選手たちは達成感に包まれながらも、悔しい思いもしました。
でもこの経験と結果は、必ず次につながります。選手たちのシミュレーションの姿を見る1・2年生の目は輝いていました。
太田医療技術専門学校が大会で上位に入る日はそう遠くはないと感じました。

                                                         ☆救急救命学科 教員☆


 2014/12/09

みなさん、こんにちは!
もう12月も2週目・・・すこしずつ片づけをしたり、来年の準備をしたり、なんて時期になりました。

太田医療技術専門学校の救急救命学科では、公務員試験の合格発表にともない
「祝 内定!」のお花がどんどんと増えています♪
142.jpg


先日、救急救命学科が、全学年合同で恒例の模擬災害訓練を行いました!

大規模な災害の状況のみを伝えられ、訓練スタートです。

023.jpg
傷病者は、救急救命学科の1・2年生。先輩たちの訓練の様子を見ながら勉強です。

020.jpg

064.jpg

123.jpg
教員も、傷病者をやったり、受入病院のドクターをやったり・・・
救急隊に対してするどい質問もたくさん飛び交いました!



「災害医療」への取り組みも行っている太田医療技術専門学校の救急救命学科!
ご興味のある皆さん、ぜひ学校見学会や体験入学に足を運んでいただけたらと思います。
平成27年度入学生の募集も、若干名行っております。
詳しくは、本校入試担当までお問い合わせください!

140.jpg
救急救命学科のみなさん、お疲れ様でした!


 2014/11/04

今年ももう11月。早いものですね!
本校も第2回の入試が終わり、来年度の新入生が入学の手続きを済ませてくださっています。
まだ募集を行っている学科もございますので、入試のことに関しては本校の入試担当までご連絡くださいね♪

さて本日は、救急救命学科のお話をさせていただきたいと思います。



少し前のことになりますが、10月5日(日)に開催されました「館林市総合防災訓練」に
太田医療技術専門学校救急救命学科の学生が傷病者役として参加してきました!

IMGP5052-1.jpg

IMGP5035-1.jpg

IMGP4975-1.jpg

IMGP5061-1.jpg
当日は、台風が近づいているあいにくの悪天候でしたが、地震により大規模な災害が発生し
多数の傷病者がいるとの「即応実働訓練」に参加をさせていただきました。

崩壊した建物からの救出、多数傷病者が発生した交通事故現場からの救出と、消防機関はもとより
DMAT隊の活動、民間業者の協力によるがれきの撤去作業など、本番さながらの訓練。
参加した学生は、その統率のとれた救出活動に、「救急救命士になる」という思いを強くしたように思います。



 2014/9/19

多野藤岡広域市町村振興整備組合消防本部職員(以下 多野藤岡消防)7名のご同行のもと、太田医療技術専門学校救急
救命学科
2,3年生の希望者と教員、教員助手の計34名で行ってきました。
単独機史上最悪の犠牲者を出した日航機が群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落したのは1985年の夏。もちろん学
生たちの生まれる前です。
授業で話しても知らない学生も多いことがきっかけとなり、教員と多野藤岡消防の職員の皆様(本校の卒業生を含む)などのご
協力のもと、企画・実施することができました。
なんとか天候にも恵まれ、登山開始。今は整備されている登山道とはいえ、決して楽ではない道のりです。

IMGP4343.jpg

御巣鷹慰霊-073.jpg
生存者が救出された『すげの沢』、登りながら見える数えきれないほどの墓標、お花、写真など、その一つ一つに犠牲者の無
念や今も癒えぬ遺族の悲しみを感じながら、『昇魂の碑』へ行き、お花とお線香を手向けました。

IMGP4354.jpg
下山後は近くの『慰霊の園・納骨堂』へ行き、お花とお線香を手向け霊を慰め、空の安全を共に願いました。

以下は学生たちの感想の一部です。

・最後どんな気持ちを持って亡くなってしまったのだろうと感じ、改めて風化されてはならない出来事だと感じました。
・実際に登山してみて、たくさんのお墓や家族からのメッセージ、写真、事故の跡などから、あの事故の大きさや悲惨さなど
 とても伝わってきました。
・悲惨な事故で一人でも悲しみを抱く人がいなくなるように、今自分のやるべきことをしっかりして、消防職員・救急救命士という
 目標に向かって努力したいと思います。
・実際に登り、当時の救助活動がいかに困難なものであったのか、犠牲者とその家族の方々の悲しみや苦しみを感じ、思うこ
 と・考えさせられることが数多くありました。もう二度とこのような惨事が起こらないことを願うと同時に、もしそういった事故・
 災害にかかわることになった場合は、一人でも多くの命を救える救急救命士になりたいです。



御巣鷹慰霊-109.jpg
昼食は皆で『まほーばの森』でバーベキュー。特産のイノブタを食しました。

御巣鷹慰霊-124.jpg
そのあとは『天空回廊上野スカイブリッジ』を散歩したり、駆け抜けたり(笑)

御巣鷹慰霊-117.jpg
『不二洞(鍾乳洞)』では歴史を感じ、自然を大いに満喫しながらはしゃいだ時間となりました。

最後は消防職員の方によるサプライズ企画『ミニ訓練』を行っていただき、学生たちは力不足を実感したのでした。



たくさんのことを感じ、考え、泣き、笑った1日となりました。
2年生は救急用自動車実習、3年生は消防職員採用試験が控えています。良い気分転換になっただけでなく、モチベーション
が高まる貴重な体験となりました。

合わせて、事前に本校まで事故について説明に来てくださったり、当日1日同行いただいた多野藤岡広域市町村振興整備
組合消防本部
職員の皆様に、心より感謝を申し上げます。           【救急救命学科 教員】

                                                        


 2014/9/05

先日お伝えしました、太田医療技術専門学校の臨床工学科ME合宿に続いて、
救急救命学科2年生も宿泊研修に行ってきました!

救急救命学科2年生救急用自動車同乗実習前の宿泊研修も毎年恒例となりました♪

宿泊研修 020.jpg
夕食は、係が作ったカレーライス、ハヤシライス、サラダ!
たくさん食べた学生もいて、大満足の夕食となったようです(^-^)

宿泊研修 009.jpg

宿泊研修 036.jpg

IMGP3701.jpg
夜は、キャンプファイヤーにキャンドルサービス
...なぜか'マイムマイム'を踊り(笑)
そして花火で盛り上がりました!!

そのあとは、入学してから1年半をまとめた激励映像を教員が作成し上映。

宿泊研修 129.jpg
さらにまだまだクラスの交流が深まるイベントは続き、楽しく長い夜は延々と続きました★

「同じ釜の飯」を食べ、たくさん語り合ったことで、クラスの絆は強いものになり
実習へのモチベーションは上がりました。d(*`c_゚´*)b



宿泊研修 150.jpg
いよいよ実習が始まります。初めての現場・救急車への同乗は緊張の連続のはずです。
でもみんな、実習先で多くのことを学んでくるでしょう。
ひと回りもふた回りも成長して学校に戻ってくることを期待しています。
がんばれ!EMT2年生!(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ


 2014/8/08

本校救急救命学科の特別授業のご紹介をしたいと思います☆



8月10日(ハートの日)、みなさんご存知ですか!?
ハートの日を記念し全国一斉にPUSHコースが開催されます!
PUSH PROJECTとは、胸を押すだけのかんたんな心肺蘇生とAEDの使い方、「救命の心」を広げることで
「全国で1日に3名以上の大切な命」を救うことを目標としているそうです。

群馬県内の消防署に勤務する卒業生からそのようなプロジェクトの内容を聞き、
本校救急救命学科もそのプロジェクトに賛同し、参加させていただくこととなりました☆


023.JPG
卒業生が後輩のために熱心に指導してくれました!

029.JPG
「あっぱくん」という胸骨圧迫の練習台を使用します。

053.JPG
絶え間なく、力強く...交代要員も必要です!

038.JPG

097.JPG

090.JPG

救急救命学科の学生たちからは、
「一次救命処置の重要性を再認識した」「自分も将来、救急救命士になって、たくさんの人たちに
一次救命処置を広めたいと思った」「一次救命処置を一般の方にどれだけわかりやすく、興味をもって
もらうかが非常に大切だ」などの声が上がりました!

普段から訓練している一次救命処置ですが、多くの人々に伝える、という大切さを
今回の特別授業で得られたようです。



089.JPG

がんばって!未来の救急救命士(^-^)
お疲れ様でした♪